2020.3.9
今を楽しむ

「乾燥と手荒れ」に悩む看護師におすすめする美容グッズ

(画像=Olga Miltsova/Shutterstock.com)
(画像=Olga Miltsova/Shutterstock.com)
夜勤で生活リズムが乱れやすい看護師にとって、乾燥と手荒れは大きな悩みです。肌が乾燥すると化粧のりも悪くなるし、荒れて皮がむけた手を見ると、げんなりしますよね。今回は、乾燥と手荒れに役立つおすすめの美容グッズを厳選して6つ紹介します。

乾燥対策におすすめの美容グッズ3選

愛用者多数!ロングセラーの鉄板商品「ニベア青缶」


乾燥対策といえばコレといっても過言ではないでしょう。「ニベア青缶」は顔も手も全身使えます。まだ試したことがない人はぜひ使ってみてください。「ニベア青缶」として親しまれていますが、最近では使いやすいチューブタイプも発売されています。職場に持っていくなら、チューブタイプがおすすめです。

「ニベア青缶」の使い方で覚えておきたいポイントは、先に保湿してから「ニベア青缶」の油分でフタをするということです。乾燥した時に単体で塗っても、その場しのぎ以上の効果は発揮されません。化粧水か、ない場合は水でもいいので、保湿後に塗ることを心がけてください。

さわやかな香りにテンションUP「RMKリップバーム」


スクエア型のシンプルなケースがかわいい、ちょっとリッチな「RMKリップバーム」。かさつきを防いでうるおいを与えるシアバター、唇をしっとり整えるアボカドオイルが配合されています。レモンシトラスのほのかな香りに癒されること間違いなし。本当にかすかにしか香らないため、職場でも使えます。

SNSを中心に口コミが広がっており、「RMKリップバーム」に変えてからかさつきが治ったという人も多数いる模様。デパコスなので、まずは店頭でタッチアップしてみてください。

乾燥対策と美肌ケアを兼ねる「スチーマーナノケア」


パナソニックのフェイスケア商品「スチーマーナノケア」なら、自宅でエステ並のケアができるため、乾燥の原因を根本から取り除けます。なりたい肌に合わせて5つのコースを設定でき、使い続ければ化粧のりの改善を実感できるといわれています。

ラベンダー・ベルガモット・イランイランなど5種類のアロマタブレットが別売りされているので、帰宅後のリラックスタイムにもってこいです。

美肌を得るためには、1に保湿2に保湿ともいわれます。保湿は美肌に至るには欠かせないステップです。乾燥対策とあわせて、美肌ケアを本格的に始めたい人におすすめです。

手荒れ対策におすすめの美容グッズ3選

仕事中は無香料でべたつかない「プロ・業務用ハンドクリーム」


仕事中に使うなら、無香料でベタつかないことは必須条件です。「プロ・業務用ハンドクリーム」なら、人の皮脂に近いオレイン酸を多く含むハイブリッドヒマワリ油を主成分としているため、うるおいながらもベタつきません。

天然の保湿成分のみなので、料理中に使っても問題ないほどの安全性が高いのも、医療従事者にとって魅力です。

高品質で敏感肌の人にもおすすめ「ジュリーク」


厳選された植物オイルやオーガニック認証自社農園で育てられたハーブエキスを配合しているため、敏感肌の人も安心して使えます。パッケージも香りもおしゃれなので、プレゼントにもおすすめ。

香りは4種類ありますが、おすすめはベストコスメ受賞商品でもあるローズです。ローズの淡い香りがエレガントな気分にさせてくれるでしょう。

あかぎれがつらい時は「ユースキンA」


本格的にひびやあかぎれができて痛い人は、「ユースキンA」で集中ケアをしましょう。かかとのひび割れなどにも効果的です。安全な成分しか配合されていないため、敏感肌の人も安心して使えます。乾燥が酷い時は、乳液代わりとして使うのもおすすめです。

年中手放せないという人もいるほどの人気商品なので、乾燥が酷い場合は一度試してみる価値はあるでしょう。

予防とケアのバランスが大事!酷い場合は皮膚科へ

乾燥・手荒れ対策グッズを厳選して紹介しました。乾燥・手荒れ対策では、ケアと同時に予防も重要です。睡眠時の肌や唇の乾燥には、マスクをして眠るのが効果的です。また、家事の時はせめて手袋をつけるなどして、水仕事が手の皮膚に与えるダメージを少しでも減らす工夫をしましょう。

あまりにも乾燥が酷い場合は、皮膚科を受診するのも1つです。お財布にもやさしいうえ、医師のアドバイスを受けられるので安心です。
 

【おすすめ記事】
将来の備えはどうする?自分でつくる私的年金3種類を紹介
忙しい医師・看護師に不動産投資がおすすめの3つの理由
老後資金はいくら必要?30代40代の看護師も考えるべき資産運用
看護師だから大切にしたいワーク・ライフ・バランス
あなたのキャリアはどうなる?看護師が持つ豊富な選択肢

PREV 看護師の日頃のストレスを癒す「ご褒美グッズ」6選

関連記事