2019.5.29
今を楽しむ

夜勤明けでも直行したくなる!看護師におすすめしたい休日の過ごし方

(画像=aslysun/Shutterstock.com)
(画像=aslysun/Shutterstock.com)
日々の激務のあいだをぬって訪れる不規則な休日。あなたはどう過ごしていますか?平日の休みや夜勤明けなどで日中に時間が空くことのある看護師は、通常の土日休みの人とは違う楽しみ方ができるという特権を持っています。ストレスを解消し、健康にもよく、将来のためになる休日の過ごし方には何があるでしょうか。

運動する

釈迦に説法かもしれませんが、体を動かすことはストレスの解消になり、健康を増進します。心身ともに健やかな生活を過ごすには、週1回程度は運動をしたほうがよいでしょう。普段の仕事で体を酷使しているかもしれませんが、楽しんで行うスポーツは精神的な充実度が違います。

ヨガやピラティス、ランニングやジムでのトレーニングなど、全身を使った運動がおすすめです。最近はボルダリングなどのスポーツクライミングができるジムもあります。

学生時代にスポーツをやっていた人は、再びやってみるのもよいでしょう。10代の頃ほど激しくはできないかもしれませんが、その頃とは違った楽しみ方ができるかもしれません。

「疲れているからずっと家で寝ていよう」と思うかもしれませんが、もったいない。少し体を動かしたほうが疲れはとれるものです。ジムやサークル活動など、無理なく通えるところを探してみましょう。

どうしても体を動かしたくないという人は、スポーツ観戦はいかがでしょうか。見ているうちにやりたくなるかもしれません。プロ野球やJリーグはもちろん、ちょっとマイナーな競技を探してみるのも面白いですよ。応援するチームの試合に熱狂すれば、実際に競技をする以上の運動になるかも?

音楽、映画、美術鑑賞

音楽や舞台、映画に美術鑑賞など文化系の趣味も定番です。

好きなバンドのライブでノリまくれば日頃のストレスを発散できるでしょう。オーケストラもリラックスできてよいかもしれません。ジャズの生演奏が聴けるバーもあります。

シフト制の病院や月曜日~金曜日に休みがある診療所で働く最大のメリットは、美術館や映画館が空いている平日日中の時間帯に行けること。有名な絵画の企画展では、土日だと午前中から数時間待ちということも珍しくありませんが、平日ならすぐに入れるはず。ハマったら夜勤明けの楽しみになるかもしれません。

音楽や映画は外出する楽しみがある反面、CDやDVDなどで家にいながら鑑賞できるのも嬉しいところです。たまに自分のペースでひとりの時間を過ごすのもよいでしょう。

苦手な先輩や患者さんも共通の趣味があれば、話が弾むかもしれません。教養を深める意味でも文化的な趣味はおすすめです。

将来のために勉強する

知的好奇心が旺盛な人やキャリアを広げるために資格を取りたいという人は、休日を勉強にあてることになります。 

特に具体的に学びたいことはないが、なんとなく将来のために有益なことをしたいという人もいるかもしれません。

そのような人はお金の勉強をしてみてはいかがでしょうか。お金は生きていくうえで必要不可欠であり、わたしたちは常に何かしらの経済活動をしています。「貯金がない」「将来の年金はどうなるの?」といった不安にも答えられるかもしれません。

本屋や図書館に行って財テクや資産運用に関する本を手にしてみるのもよいでしょう。お金の専門家であるファイナンシャル・プランナーや、資産運用会社のセミナーもよく開催されています。興味が持てそうな内容のものがあれば行ってみてください。

楽しいことも勉強になることも全部自分のためになる

休日は運動したり自分の好きなことをやったりしてリラックスし、ストレスを和らげて体調を整えましょう。将来に向けて勉強することも、お金やキャリアの不安を解消することができます。メリハリをつけて毎日を充実させてください。

>>【無料eBook】看護師を辞める前に読みたい1冊!

【おすすめ記事】
将来の備えはどうする?自分でつくる私的年金3種類を紹介
忙しい医師・看護師に不動産投資がおすすめの3つの理由
老後資金はいくら必要?30代40代の看護師も考えるべき資産運用
看護師だから大切にしたいワーク・ライフ・バランス
あなたのキャリアはどうなる?看護師が持つ豊富な選択肢

NEXT 今度の休日はここに決まり!看護師におすすめの人気スポット7選
PREV 優良物件の選び方 結婚相手と不動産の共通点3つ

関連記事