2020.12.8
将来の備え

投資をしたいが忙しい……そんな看護師におすすめの証券会社は?

(画像=naka/stock.adobe.com)
(画像=naka/stock.adobe.com)
将来のために投資を始めたいけど、どれがいいのかわからない――。投資の必要性を感じつつも、一歩を踏み出せない看護師は多いのではないでしょうか。この記事では、忙しい看護師におすすめの証券会社を紹介します。

ハードルが高いと感じても、投資は意外と簡単にスタートできます。将来へ備える選択肢の1つとして、ぜひ参考にしてみてください。

多忙な看護師にはネット証券がおすすめ

証券会社には、主にネット証券と店舗型証券の2種類があります。

ネット証券とは、店舗を持たないインターネット取引専門の証券会社です。口座開設から取引まで、すべてをインターネットで行います。基本的に、店舗や窓口はありません。また、通帳がなく、残高も明細もインターネット上でマイページにログインして確認します。

一方、店舗型証券とは、店舗を持ち窓口を設置している証券会社のことです。残高や明細は、通帳を機械に通し、通帳記入することで確認します。また、手続きをする時や投資を始める時は、基本的には窓口でまず相談します。

ネット証券と店舗型証券には、それぞれ一長一短ありますが、忙しい看護師にはネット証券が適しています。

ネット証券の3つのメリットとは?

続いては、看護師がネット証券を利用するメリットを3つ紹介します。

24時間いつでも取引できる

まず、24時間いつでも取引できるというメリットがあります。

店舗型証券の窓口の受付時間は、平日の昼間がほとんどです。勤務を終えて投資をしようと思っても、窓口が開いていないことも。取引したいと思ったタイミングで取引ができないと、不便ですよね。

その点、ネット証券なら、24時間いつでも取引ができます。投資をしたいと思ったタイミングで、すぐにマイページにログインして投資商品を購入できるのは、大きな魅力です。売り・買いのタイミングを逃す心配もありません。

看護師は休みが不規則で、夜勤があると生活リズムも乱れがちです。看護師の働き方を踏まえると、24時間いつでも取引できることは、大きなメリットです。

自宅に居ながら取引できる

自宅に居ながらにして投資や手続きができるのも、ネット証券の魅力。

店舗型証券の窓口の場所は、限られています。自宅と勤務先の間にたまたま窓口があればいいですが、そうでなければ、貴重な時間にわざわざ遠方の窓口に行くのも面倒ですよね。時間帯によっては、窓口が混みあっていて、待ち時間が発生することもあります。

ネット証券なら、ネット環境さえあればどこにいても取引が可能です。IDとパスワードでマイページにログインし、投資商品を売買するだけ。スマートフォンでも取引できるので、自宅はもちろん、外出先で取引することも可能です。

「余暇はゆっくり休みたい」「休日は思いっきり趣味を楽しみたい」という看護師も多いはず。自宅や移動中に気軽に投資できるネット証券なら、時間を無駄にしなくてすむでしょう。

手数料が安い

店舗や窓口がなく、人手を介さないネット証券は、店舗型証券と比べると手数料が安い傾向があります。

投資をすると、一般的には手数料が発生します。手数料が高すぎると、仮に投資で利益が出ても、手数料分を差し引いたらマイナスになってしまう可能性も。それでは、せっかくの投資も意味ないですよね。

初めて投資をするなら、手数料の安さにはこだわりたいもの。投資のメリットを最大限享受するためにも、手数料の安いネット証券を選ぶと安心です。

投資は少額からでOK!継続することがポイント

投資初心者の看護師の中には、「お金を貯めてから投資を始めよう」と考えている人もいるかもしれません。しかし、それでは結局投資を始めるタイミングを逃してしまいます。

少額からでもいいので、まずは投資をスタートすることが大切です。

最近では、数百円という少額からでも投資をスタートできます。自分のお金を実際に投じて投資商品を購入することで、投資についての理解が深まり、勉強意欲もアップするでしょう。

大切なのは、まとまったお金を貯めて投資することではなく、小さくてもいいのでコツコツと投資を継続することです。むしろ、貯金感覚で投資することが、投資を成功させるコツともいえます。

超低金利の今、預貯金だけで十分に貯蓄を増やすことはできません。だからこそ、余裕資金を投資に回し、効率的に「お金に働いてもらう」ことが重要です。

ネット証券は、忙しい看護師にとってはありがたい存在。メリットの多いネット証券を活用し、投資で将来に備えましょう。

>>【無料eBook】看護師を辞める前に読みたい1冊!

>>看護師を辞める前にできることがあるかも?資産運用セミナーはこちら

【おすすめ記事】
将来の備えはどうする?自分でつくる私的年金3種類を紹介
フルタイムだけじゃない看護師の働き方
忙しい医師・看護師に不動産投資がおすすめの3つの理由
資産運用3つのパターン 看護師が取り組むべきは?
老後資金はいくら必要?30代40代の看護師も考えるべき資産運用

PREV コロナで注目集めた「看護師の副業」年末調整や確定申告の基礎知識

関連記事