2020.3.16
将来の備え

「夜勤すれば月5万円くらいの出費は大丈夫」それを別に向けると?

(画像=PhuShutter/Shutterstock.com)
(画像=PhuShutter/Shutterstock.com)
「夜勤で取り戻せばいい」と思ってつい美容代や旅行代にお金を使ってしまっていませんか?また、夜勤後に気が緩んで散財してしまうのも看護師あるあるです。しかし、意識せずお金を使っていると、将来後悔してしまうかもしれません。今回は、看護師が知っておきたいお金の話をわかりやすく解説します。

看護師は「夜勤手当」を理由に散財しがち

夜勤をすれば、夜勤手当が5,000円から1万円程度加算されます。そのため、お金を使い過ぎても「夜勤で取り戻せる」と思ったり、夜勤後にほしかった物を購入してしまったりする看護師はたくさんいます。

看護師のコミュニティサイト看護roo!によると、20歳から24歳の看護師の平均年収は約400万円前後です。20歳から24歳の全職種の平均年収は300万円前後なので、看護師の年収は平均より高いといえるでしょう。

勉強や実習が大変だった分、看護師になった後は、「周りの友人たちより給与が高い」「資格があるので安定している」と感じる人が多いのではないでしょうか。しかし、だからといって趣味に美容に旅行にと好きなだけお金を使っていると、将来後悔することになりかねません。

貯蓄1,000万円の人はどのぐらいいるの?

2019年の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯)」の調査結果によると、平均貯蓄額は、単身世帯では20代198万円、30代572万円、40代972万円です。二人以上世帯では、20代220万円、30代640万円、40代880万円です。これは、預貯金以外の株や不動産なども含めた金額です。

また、貯蓄が1,000万円以上の人の割合は、単身世帯では20代4.0%、30代19.8%、40代27.6%です。二人以上世帯では、20代0%、30代15.5%、40代24.8%です。

単身世帯では、30代になると約5人に1人が1,000万円以上の貯蓄を実現しているのです。一方、30代で貯蓄が100万円未満の人も、22.3%います。

5人集まった時、1人は貯蓄1,000万円以上で、1人は貯蓄100万円以下。そう考えると、なかなかに衝撃を受ける数字です。

最近では、インスタグラムなどのSNSで多くの家計簿アカウントを見かけるようになりました。早い人は大学生から家計簿をつけ始め、在学中に100万円近い貯蓄を実現する人もいます。

2019年は、公的年金だけでは老後の生活費が不足するという老後2,000万円問題がメディアで話題になりました。人それぞれ生活スタイルは違うので一律に2,000万円用意する必要はありませんが、将来必要なお金を現役時代に貯めておかなければならない事実に変わりはありません。

老後2,000万円問題をきっかけとして、不動産投資や株式投資などを新たに始める人は急増しました。

友達や同僚といった間柄では、お金の話はしないものです。しかし、金融リテラシーの高い人たちは、資産形成に向けて着実に動き始めています。計画性なく20代・30代の貴重な時間を過ごしてしまうと、気が付いた頃には、同世代と大きく貯蓄額に差が開いてしまうかもしれません。

過ぎた時間は戻らないので、今のうちから資産形成に取り組むことが大切です。

今から資産形成に取り組むなら?

仮に夜勤手当が毎月5万円で、それをすべて貯蓄に回したとすると、1年間で60万円貯金できます。10年続ければ、600万円です。

また、5万円を預金で貯めるのではなく、株式や不動産で運用したとしたら、運用益を受け取れます。利回りが年率5%なら、年間3万円、10年で30万円資産が増えます。投資元本が増えれば、それだけ運用益として受け取れる金額も大きくなります。もちろん株価は変動するので、値下がりすることもありますが、毎月定額でのドルコスト平均法で購入することは有効です。また、不動産は賃貸需要の高い、立地の良いマンションを購入しておくことも長期にわたる資産形成として有効です。購入にあたって自分のお金を出すことなく、融資を活用できることも不動産の強みです。

お金を預金に置いていても、メガバンクで0.001%、ネット銀行で0.1%程度の利息しか受け取れません。しかし、お金を株式や不動産といった資産に変えれば、自然と資産がお金を生み出すようになります。

投資による利益は、よく「コップからあふれた水」に例えられます。

コップからあふれた水を飲んでいる限り、いつまでも生活できます。しかし、コップの水を飲みほしてしまえば、水は失われてしまい、生活できなくなります。富裕層はコップから水をあふれさせ、あふれた水を飲んで生活しているからいつまでも豊かなのです。

今を楽しく過ごすことは、貯蓄で将来に備えることと同じぐらい大切です。自分が稼いだお金ですから、美容代やファッション代、旅行代などに自由に使いたいかもしれません。しかし、気づいた瞬間にお金との付き合い方を自分なりに見直せば、その後の人生が大きく変わります。

自分が何にお金を投じるかを今一度考え、場合によっては将来への備えとして投資を選択肢の1つに入れてみてはどうでしょうか。
 

【おすすめ記事】
将来の備えはどうする?自分でつくる私的年金3種類を紹介
フルタイムだけじゃない看護師の働き方
忙しい医師・看護師に不動産投資がおすすめの3つの理由
資産運用3つのパターン 看護師が取り組むべきは?
老後資金はいくら必要?30代40代の看護師も考えるべき資産運用

NEXT 資産形成したい独身看護師、まずやるべきはiDeCo?つみたてNISA?
PREV 副業している看護師以外も必見!確定申告するとお得な人とは

関連記事