2021.1.22
特集

【忙しい看護師へ】看護師がつらい時を抜け出す方法:転職編【仕事術】

自己紹介

 こんにちは、医療系ライターのけいです!(Twitter:https://twitter.com/keita_lfu/ )。

 この記事を読んでいるあなたは、前回の記事(https://biz-medilife.com/feature/detail/id=456)もご覧いただけましたでしょうか。前回でも伺ったように、同僚や先輩から「看護師に向いていない」と言われたことや、日々働いている中で「体力がもたない」「看護師の仕事がつらいかも」と悩んでしまうことはありませんでしょうか。
 看護師の仕事というのは、多岐に渡ります。今の病院だけで「私は看護師に向いていないのでは?」と考えるのは、ちょっと早いかもしれません。
 今回の記事では、【看護師の働き方の多様性】を再認識していただきたいと思い、それぞれが感じている看護師のしづらさに対応した、病院や施設などの選び方について情報をまとめました!
 ぜひ今回の記事を読んで頂いた先で知識を持ち「他の場所でも働ける。」「看護師が向いてないのではなく、今の職場が合わないのかもしれない!」と前向きになって、余計なことを考えずに、仕事が出来るようになれましたら幸いです。

今回の記事はこのような方に、ぜひ読んでいただきたいです。

・看護師の病棟の上下関係や、人付き合いが苦手である。
・看護師の仕事の生活リズムが合わない、きついと思っている。
・患者の命を扱うことが怖くなってきている。

上記を感じている人は、この記事を最後まで読んでいただけると

・職場の人間関係や人付き合いに悩まず、仕事ができるようになる。
・生活リズムや体力も考慮した仕事の仕方を把握できる。
・患者の命ではなく、他の部分で看護を活かす力を身につけることができる。

このような効果が得られます。

 今回は前回の記事と読み合わせることで、『【忙しい看護師】が【自分は看護師に向いていないのでは?】と思った理由に対して、より具体的で適切な行動が行えるようになり、余計なことを考えることなく、看護業務へ打ち込むことが出来るようになる』ことを目的にしています。是非行動へ移せるようになっていただけましたら幸いです。

では早速解説していきます!
 

看護師がつらい時を抜け出す方法:転職編

【向いていないと感じることは具体的に何?】

 まず「看護師が向いていない」と感じたことはどのようなことでしょうか?看護師が向いていないと感じる理由は大きく分けると3つなるようです。それぞれでの対処方法を確認していきましょう。

①看護師の病棟の上下関係や、人付き合いが苦手である。
 看護師の仕事は他のスタッフと密に連携して患者を診ることが多いです。「人間関係が複雑で疲れてしまっている。」「他スタッフと連携を取ることが苦手。」など感じて、看護師の仕事に違和感を抱いていることはありませんか?
 解決方法:こうした理由の場合は、訪問看護ステーションへの転職を検討すると良いでしょう。訪問看護ステーションは訪問先のスケジュールに合わせて仕事を行っていきます。事務的な業務は増えますが、人間関係や連携に困っている場合は、解消することができるでしょう。
②看護師の仕事の生活リズムが合わない、きついと思っている。
 看護師はシフト制であり、病院により夜勤も多く生活リズムが乱れてしまいます。「生活リズムを安定させたい。」「私生活でも充実した時間を過ごしたい。」と感じて、看護師の仕事に違和感を感じているのではないでしょうか?
 解決方法:こうした理由の場合は、病院勤務から離れてみることをお勧めします。土日休みのクリニックや、高齢者施設などへ職場を移すことで、再度看護師の仕事が楽しく感じられるかもしれません。
③患者の命を扱うことが怖くなってきている。
 看護師の仕事は「命」を扱います。中でも「看取る」ことは、より「命」の重大性に直面するでしょう。特に感受性の高いあなたは、看護の仕事に悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。
 解決方法:こうした理由の場合は、看取ることのない美容クリニックや、老人保健施設などへ職場を移してみましょう。美容クリニックでは健康な患者を担当することが多く、命に関わる重要なことは病院より多くないはずです。また、老人保健施設では身体状態が安定している高齢者を対象としているため、急変が少なく落ち着いて看護業務がおこなることでしょう。

【興味や関心から考えることもよし!】

 「看護師が向いていない」とマイナスに感じた部分に加え、あなたの興味や関心からも次の職場を検討して良いでしょう。

①患者の回復に携わりたい方
 患者の回復を近くでみたいのであれば、急性期病院で働くことはいかがでしょうか。急性期病院では、特に生命危機から脱した患者が多いです。入院中の回復過程は著しく、日々関わっている中でやりがいを感じることができるかと思うためお勧めです。
②高齢者と関わることが得意な方
 関わりやすり年代は人それぞれかと思います。同じような年代だと緊張して話しづらい場合は、療養型病院や介護施設などで働くことはいかがでしょうか。施設では、看護師需要が非常に高いため、あなたの能力が必要とされる事も多いのではないでしょうか。
③決められている仕事を行うのが得意な方
 病棟での看護業務の場合、緊急対応が多く求められます。緊急的な臨機応変の業務が苦手な場合は、健診センターなどで決められた内容をコツコツ行うのはいかがでしょうか。緊急対応が全くないわけではないですが、ほぼ決められた内容をあなたのペースで行うことが出来るためお勧めです。
④もっと自分の出来ることを増やしたいな方
 向上心の持っている方、もっとキャリアを作っていきたい方は急性期病院がお勧めです。中でも特に教育に力を入れている病院であれば、外部セミナーや研修サポートや補助をしてくれる場合があります。「資格手当」や「資格取得支援」なども兼ね揃っていると、さらにモチベーションを高く保つことが出来るのではないでしょうか。
⑤育児や出産の経験を活かしたいな方
 育児や出産の経験を、看護師として活かすことも可能です。そのような場合は産婦人科病院や産科・婦人科クリニックで働く事を検討してみるのはいかがでしょうか。育児や出産の経験があるからこそ、看護師として現場で出産や育児を先輩の立場から、患者へ伝えていくことが出来るためお勧めです。
⑥子供が好きな方
 子供と接することが得意・好きという方は、保育園での看護師はいかがでしょうか。子供たちの健康管理だけではなく、発熱や怪我の対応など、看護師だからこそ出来ることを活かして、子供たちの健康を守ることが出来るのではないでしょうか。
⑦事務作業をやってみたい方
 事務作業に興味がある方は、地域包括支援センターなどで働くことはいかがでしょうか。地域包括支援センターでは、地域に住んでいる方の介護や健康について相談や、支援していくことになります。ここでは患者さまへの直接的な介入ではなく、事務作業を経験することが多く出来るのではないでしょうか。
⑧全ての病期を経験したい方
 急性期から慢性期、終末期など一通りの経験をしたいと考えている方は、ケアミックス病院で働くことはいかがでしょうか。ケアミックス病院とは、全ての病期を一貫して診ることが可能な病院のことです。一通りの病期を経験することで、あなたのキャリアに大きな可能性が広げることができお勧めです。

【まとめ】

 いかがでしたでしょうか。今回の記事では『【忙しい看護師へ】看護師がつらい時を抜け出す方法:転職先編【仕事術】』という内容で記事をまとめてみました。
 看護師の仕事は人間関係や業務内容、働き方で多種多様に変わります。「看護師が向いてないかも」とふと考え時は、このように様々な働き方が出来る事を把握しておくと、余計なことを考えず、普段の看護業務へ取り組むことが出来るのではないでしょうか?
 「看護師の仕事がつらい」と思っても、すぐに他業界へ転職するのではなく、多くの角度から考えて、あなたにとって一番良い選択が出来るよう参考にして頂けましたら幸いです。ではまた!

次回の記事は
「【忙しい看護師へ】自己分析で仕事をもっと楽にする方法!【仕事術】」
NEXT 【アーユルヴェーダセラピスト・カウンセラー】倉繁ローザ先生の東洋医学講座
PREV 【忙しい看護師へ】看護師がつらい時を抜け出す方法:見直し編