2019.12.28
ワタシの仕事

看護師「インスタグラマー、YouTuber」6選 美容や看護に役立つ情報など

(画像=Pixel-Shot/Shutterstock.com)
(画像=Pixel-Shot/Shutterstock.com)
専門職、安定職のイメージが強い看護師。一方、現役看護師として働きながら、医療現場を越えて活躍の場を広げている人たちがいます。今回は、インスタグラマーやYouTuberとして活躍する6人の看護師を紹介します。

人気の看護師インスタグラマー3選

坂元志保美さん(shihochi2)

志保美さんは、フォロワー数約2万8,900人の人気インスタグラマーです。テレビ番組「マツコ会議」で取り上げられたことから、一気に知名度が上がりました。最近は、ホワイトナースというヘルスケアプロモーションを行う団体を立ち上げたことでも、注目を集めています。

友達のすすめでインスタグラムを始めたという志保美さんは、旅行好きを公言していることもあり、国内外の旅行写真を多く投稿しています。また、抜群の美肌とスタイルを活かした美容に関する発信も目立ちます。さらに、防災ナースの資格を持っているため、災害時には防災関連情報も発信しているようです。

よくも悪くも目立つ志保美さんに対しては賛否両論あるようですが、女性としてキラキラ輝く姿に憧れを抱く看護師も多いのではないでしょうか。人材不足が深刻な業界だからこそ、今後も自分なりの「看護師としての生き方」を発信し続けてほしいものです。

Aoiさん(aoioa)

Aoiさんは、フォロワー数約3万6,200人の人気インスタグラマーです。平日はナース、休日はフリーランスモデルとして活躍するAoiさんは、美容皮膚科に勤めていることから、美容に関する情報発信を積極的に行っています。

スキンケア用品やヘアケア用品の詳しいレビューも多く、「忙しくても美意識は高く保ちたい!」という看護師に人気です。無造作ロングヘアやシンプルで女らしいコーディネートは真似したくなるものばかりです。

川守田千晶さん(chappixx_)

千晶さんは、フォロワー数約1万7,100人の人気インスタグラマーです。Aoiさんと同じく、平日はナースをする一方でサロンモデルとしての活動も行っています。ショートヘアが似合う千晶さんは、コスメやヘアケアなど美容関係の情報発信をたくさん行っています。

結婚・出産といったライフイベントを経験した千晶さんは、現在は育児に励んでいます。千晶さんの等身大の姿に、共感を覚える看護師は多いのではないでしょうか。

話題の看護師YouTuber3選

関根りささん

りささんのチャンネル登録者数は約132万人で、美容系YouTuberとして人気を誇っています。美容系の知識や美貌を活かしたメイク動画・コーディネート動画がある一方で、100均グッズや防災グッズの紹介など、幅広い情報発信を行っていることが特徴です。

また、質問コーナーでは正統派美人な見た目とは裏腹にサバサバしたトークを披露し、人気を集めています。「自分のこと綺麗だと思ったことは?」という質問に「あるでしょ」と即答するのは、すがすがしくて好印象です。

四季さん

四季さんのチャンネル登録者数は約1万7,900人で、医療看護系の情報発信が多いのが特徴です。検査値の読み方をわかりやすく解説するなど、スキマ時間に気軽に動画で業務について学びたい人に向いています。

また、「看護師あるある」や「医療ドラマあるある」など、医療業界以外の人も思わずのぞいてみたくなるテーマもあります。顔出しはしていませんが、やわらかい話し方がくせになる人も多いのではないでしょうか。

JOさん

JOさんのチャンネル登録者数は約1万6,900人です。救命救急で働く男性看護師のJOさんは、医療看護系の情報発信を主軸として動画を配信しています。全国で救命セミナーを開催していることもあり、専門的な内容を図や文章でわかりやすく説明してくれます。

自分が若手の頃に教えてほしかった情報を動画で配信しているというJOさん。情報量が多く専門的な内容が多いため、暇つぶしに見るというよりしっかり勉強して知識を得たい人に向いているといえます。また、看護大学と看護専門学校のどちらがいいかなど、今後看護師を目指す人にプラスになるテーマも配信しています。

医療看護の現場以外にも活躍の場を広げられる時代

現役看護師の人気インスタグラマー・YouTuberを紹介しました。今はSNSや動画サイトを通じて誰もが簡単に情報発信したり、休日を利用して気軽に仕事したりできる時代です。医療看護の現場以外にも、看護師が活躍できる場は実はたくさんあります。

専門的な知識が必要で社会的ニーズも高い看護師という仕事は、やりがいのある仕事です。一方で、看護師としての仕事にとらわれて自分の可能性を狭めてしまう必要はありません。興味関心を持てる分野があるなら、積極的に行動を起こしましょう。その先に、きっとなりたい自分の姿があるはずです。

【おすすめ記事】
将来の備えはどうする?自分でつくる私的年金3種類を紹介
忙しい医師・看護師に不動産投資がおすすめの3つの理由
老後資金はいくら必要?30代40代の看護師も考えるべき資産運用
看護師だから大切にしたいワーク・ライフ・バランス
あなたのキャリアはどうなる?看護師が持つ豊富な選択肢
NEXT 看護師の給与明細にある「調整手当」ってなに? 手当の種類を知ろう
PREV 患者に寄り添う看護をしたい、看護師の資格と学び3選

関連記事